人気ブログランキング |

WFディーラー御機嫌精密に所属するARSの原型製作記


by shirai-ars
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005年 03月 01日 ( 2 )

やってみたかった物

「電脳戦機バーチャロン」シリーズのVRスクラッチ。
これは長年の夢だった。
(いろいろ言いたい事があるけど収集がつかなくなりそうなので省略)
で、製作を進めているのが1/144 アファームドJ。
一部でなにか誤解を招いているみたいですけど、
これの頭、胴体はフォースが稼働したあたりに作っていた物で
2月あたりから(w)脚と腕を作っていました。
c0020564_2128413.jpg


で、この写真をフォトショップでいじくって両手足そろえました。
WFに持って行った写真はコレです。
プロポーションチェック用だけど、結構危険な方法ですな。
c0020564_21315523.jpg


せっかくなのでコッチの写真も。なんだかんだいって
ウェーブ社のオラタンテムは良い出来です。
(作るとなると結構改造しますが)
c0020564_21392736.jpg

by shirai-ars | 2005-03-01 21:41 | 1/144 アファームドJ | Comments(3)

建造開始

WFも終わって一段落・・・てなワケにはいかない。
次は5月のホビーショーに向けて艦船模型の
セミスクラッチが待っている。
お題は1/700米戦艦ノースカロライナ。
これはアオシマ社よりキットが出ているけど、いかんせん古く
また全長、全幅、なにより艦首、艦尾のラインが全然違う。
そのため船体をスクラッチし、上構はキットを使うつもり。
(でも艦首艦尾さえ改造すればぶっちゃけバレないんですけどねぇ)

そんなわけで資料にある図面の寸法を、1/700に
計算して0、3mmのプラ板に直接書き込む。
作図したのは上甲板と舷側、上構の一部。
本当は艦首、艦尾にシアーがついてるんだけど
雲形定規持ってないので直線を描き、後で削り込みでRを作る。
写真だと線が見えにくいですねぇ。
c0020564_20434891.jpg


で、それを5mmプラ角棒を使って、水平垂直を気をつけながら接着。
アオシマ社のキットは乾舷も高いねぇ。
ちなみに0、3mmのプラ板を使ったのはハサミとかで切り出しやすいから。
強度は5mm角棒が出してくれる。
c0020564_20533140.jpg

あとはエポパテを盛って艦首、艦尾のラインを作ろう。
by shirai-ars | 2005-03-01 21:02 | 1/700ノースカロライナ | Comments(0)