WFディーラー御機嫌精密に所属するARSの原型製作記


by shirai-ars
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:マリアナの七面鳥打ち( 9 )

終わってしまった・・・

静岡ホビーショー終了。
いろんな人お疲れさまです。

ああ!もっと楽しみたかったよー!
ちょっと不完全燃焼。やむをえまい。

某社のS氏と某社のG氏、アファームドのポスター
取って置いてくれてありがとうございました。
配ってたの全然知りませんでした。
カッチョイー!くそーアファ作る時間が欲しい。

筑摩はちょっとやり残しがあったのを追加中。
コピックモデラーで汚してるだけだけどね。
ペタペタと。
c0020564_22492313.jpg

こうやってみるとリノリウムの甲板、赤過ぎるな。
今度からは暗く塗ろう。

さてと、夏のWFに向けて原型改修するかなー。
6月中にはシリコン型完成出来てたらいいな。
本申請の結果来るの何時だっけ?
まぁいいや。知らん。見切り発車ー!
[PR]
by shirai-ars | 2006-05-23 22:53 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)

筑摩建造中

今度こそ!工作は終わったはずっっ!
c0020564_22424615.jpg

明日から塗装に入りまーす。
今日のうちにサフ吹いとくかな。
[PR]
by shirai-ars | 2006-05-15 22:43 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)

こーさく、しゅうりょぉ

出来たよな?もう残ってる工作無いよな〜・・・。
あ!ボートダビットと内火挺の工作やってねぇ!
おのれ・・・。

ところで筑摩ってさ、あれレイテ沖海戦で沈むんだよな〜。
てっきりマリアナ沖海戦で沈むと勘違いしてたから
フル装備の最終状態で作っちゃったんだよな。
本当にありが(以下略)
高角砲の射撃制限枠は0.3mmプラ角棒でかなり適当に工作。
「制限し過ぎだろ!!」って感じだけど
砲塔と干渉するとこもあるので制限どころか固定だな。
でも後方へはヒコーキが待機しててもいくらでも撃てるぞ!
c0020564_1142976.jpg

あと艦尾の機銃座ブルワークに、これ、どー見てもフロートが
突っ込んでるよな。うまく誤摩化してヒコーキくっつけよう。
なんか、ノースカロライナでもこんなのあったような・・・。
c0020564_1171714.jpg

あ〜サフ吹こ。
[PR]
by shirai-ars | 2006-05-14 11:11 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)

カンキョー!

なんかおもしろいので僕もやってみた。

モデラー成分解析1
ARSの96%は覚悟で出来ています
ARSの4%はアリイで出来ています

同2
ARSの52%はバキュームフォームで出来ています
ARSの36%は抜きテーパーで出来ています
ARSの6%はアリイで出来ています
ARSの4%はアオシマで出来ています
ARSの2%はタミヤで出来ています

つまりアレか、アリイ社、アオシマ社、タミヤ社のキットを
作るときは覚悟を決めてるってことか?
あと「2」のほうで本名でやったら
ヒートプレス成分が大半を占めていた。
つまりカラッ(以下略)


あらかた船体のカタチが出来てきた。
艦首上甲板の合わせがシャレにならないくらい悪いし
ボラード等のモールドが気に入らない生え方してるので
モールド全部削り落とした。
上記の成分解析、割と合ってるぞ。
c0020564_23432447.jpg

大体艦橋の工作で一週間もかかってちゃぁいかんよね。
c0020564_23443515.jpg

コレさえ超えれば、後は何とかなりそう。
あ〜でもヒコーキも乗せたいよな〜。三座水偵5機かー。
[PR]
by shirai-ars | 2006-05-04 23:54 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)

筑摩建造中〜

とりあえず船体をいじってる。
うーんでも、キットのフレアでもそんなに悪くないと思うけど
無駄な工作だったかなー。
c0020564_2361646.jpg

c0020564_2363727.jpg

艦首側面に貼ってあるオレンジのテープは
懐かしの「ダイモテープ」ね。
これでナックルラインを保護しよう。
「ましゅう」の時もこうやった。

艦尾はグランプリ出版の「日本の巡洋艦」で
最上型、利根型は艦尾付近は甲板に向かって
テーパーが付いてるみたいだから、そのように工作。
アメリカ艦みたい。
c0020564_23104726.jpg

舷側の魚雷発射口再現はかなり迷ったけど
キャンパスが降りてる様にする。
つまり穴開けはしないのだ。
でも資料の写真見ると、最上型や高雄型等で
大抵は開きっぱなしなのよね。
エポパテでキャンパスっぽく盛るか・・・。

さて、上構に手を入れるか。
[PR]
by shirai-ars | 2006-04-29 23:21 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(2)

工事進捗状況報告

当海軍工廠より派遣される艦艇のうち
駆逐艦2隻は無事進水を終え、現在最終艤装工事中。
竣工間近。
c0020564_21402540.jpg

c0020564_21404489.jpg

また、先日行われた定例作戦会議において
問題となった 陽炎型駆逐艦と夕雲型駆逐艦の艦橋の差異 は
新たに建造する事により解決済み。
c0020564_21442976.jpg


作戦決行日時まであと一ヶ月。
重巡筑摩の建造を開始する。
決行迫る!!
[PR]
by shirai-ars | 2006-04-27 21:50 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)

追記

パクリだけど超必殺!!
c0020564_1135417.jpg

誤差はあるけど間違いなく砲塔うしろに下がってるね。
なんか後部上構(予備魚雷格納庫)の辺も違う様な気がするけど
見なかった事にしよう。
艦首や煙突なんてカッコ良く傾けすぎたぜ。

この方法は・・・何月号だったかな?
電撃ホビーマガジン誌でハタームドのスクラッチの記事に
あった方法ね。詳しくはそれ参照。
しかしココまでくると艦船もキャラクターモデルだな。
[PR]
by shirai-ars | 2006-04-17 01:22 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)

船体はほぼ終了

現在上構を艤装中。

前に昔のハセガワ社の夕雲型のキット使った記事載せたけど
時間短縮のためアオシマ社のリニュ陽炎型に変更しました。
やっぱ新キットには勝てないね。小気味良い出来。

んで、艦橋前面の増設された機銃座のパーツくっつけてみたけど
なんかこれ、資料の写真よりでっかい様な・・・。
で、船体に載っけてみると・・・。
おお!カッコいいではないか!なんか戦艦みたいだぞ!
(んな事は無い)
すごいぞアオシマ社!写真よりカッコ良くしてしまうなんて!
c0020564_0122963.jpg

c0020564_0124568.jpg

今回使ってるエッチングはファインモールド社の
「陽炎型パーツセット1 後期」。「〜パーツセット2」もあるけど
僕的には「1」のみで十分です。

うーむ、陽炎型から夕雲型への改造で艦橋が後へ下がったから
一番主砲と艦橋の間隔が気になるなぁ。
この主砲も後へ下がってるのかしら?
今度確認してみよう。

それはそうとして、今週中にこの2隻なんとかしないと
筑摩は間に合いそうにもないぞ。
がんばらにゃぁ・・・。
[PR]
by shirai-ars | 2006-04-17 00:27 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)

建造開始ー!

WFの準備も終わったので、来年のホビーショー合同展示会に向け
艦船模型を作っていこうと思う。
お題は1944年6月マリアナ沖海戦時の
重巡 筑摩、駆逐艦 早霜 秋霜。
三隻製作なので、まず駆逐艦2隻を同時製作。
そのあと冬のWFとかの準備の合間を縫って重巡を作ろう。
・・・年間製作模型がすでに決まっているんだけど
果たしてちゃんと出来るのだろうか・・・。
ところで筑摩(ちくま)ってさ、なんでか最初「つくま」って読んじゃったよ。
つくまじゃ変換出来ない。付く間?

駆逐艦の使うキットはむかーしのハセガワ社製夕雲型駆逐艦
「夕雲」「秋霜」。
上田先生のパッケージはカッコいいけど
中身は、まあ、昔のだから・・・。シルエットはイイよ。
今だったらアオシマ社のリニュ陽炎型を改造するのが一番だけど
ハセのキット捨てるのも何なので、こいつを芯にして工作していこう。

リノリウム押さえが余分なとこに入ってるし、間隔も変だし
上構もエッジがダルいので、問答無用でバリバリバリ・・・。
c0020564_20185574.jpg

船体の中にエポパテを詰めて、艦首フレアラインと
艦尾のナックルラインを削り出していこう。
c0020564_2025768.jpg

船首楼甲板、露天甲板に、キットの
「元にあったリノリウム押さえに、一本飛ばし」でスジ彫りを入れていこう。
c0020564_2029441.jpg

スジ彫りの上にプラストラクトのプラ丸棒(0.3mm)を貼って
艦首、艦尾の滑り止め甲板に、エバグリーンのプラ板(t=0.16mm)
を貼る。
c0020564_20342044.jpg

c0020564_20343735.jpg

よ、よれてる・・・ショボーン。
ハッキリ言ってチョー面倒&報われない工作・・・。
みんなは素直にアオシマ社の陽炎型を使おう。
[PR]
by shirai-ars | 2005-07-31 20:38 | マリアナの七面鳥打ち | Comments(0)