WFディーラー御機嫌精密に所属するARSの原型製作記


by shirai-ars
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

モゲタ

ゴム型が。
大体20ショットくらい抜いて、離型材吹かずにレジン流したら
見事ちぎれたよ。
10ショットくらいから脱型が悪くなってきて
毎ショットごとに離型材吹いてて
「毎回吹くの面倒だなー」って思い、サボって吹かなかったら
ブチーリ。
うーん、考えようによってはこの手首って
「ゴジラみたいな凹凸のある原型」なので、毎回離型材吹いた方が良かったか。
しかしたった20個か・・・。残念無念。

写真では一カ所だけど、このショットであちこちちぎれたので
もうこの型はポイ!
そんなわけでWFに持っていくのは10数個です。
c0020564_214297.jpg


このシリコンゴムの銘柄(ウェーブのHG−017)は
手流しでやるには安いのはいいのだけれども
ちぎれやすいのがイヤなので、変えようかと思う。
パーツが曲面で構成されるフィギュアはともかく
エッジや細かいモールドがあるメカ物にはつらい様な気がする。
次に使うゴムは、固さも必要だが、ちぎれにくいのがイイなぁ。

なに原型を改良しろ?それを言っちゃあオシメェダヨ。


あと、グレーレジンのまだら模様の問題。
やはりこれはA液自体の撹拌不良でした。
ゲン・コッツはキレーなグレーで成形出来たよ。
[PR]
by shirai-ars | 2005-07-24 21:17 | 雑記 | Comments(0)